マツダ ビアンテを買う!
ビアンテTOPモデルチェンジ推移>2009年6月25日

ビアンテ 値引き

 

ビアンテ カタログ
車名の由来
試乗レポート集
新車販売台数推移
モデルチェンジ推移
モデルチェンジ予想
最新目標値引き額
ビアンテ値引き交渉術
ビアンテ値引き交渉レポート
ビアンテのライバル車
ビアンテ中古車相場
新車値引き交渉術
ビアンテの維持費
ビアンテのパーツ紹介
下取り車の相場を調べる
ビアンテの保険料相場
リンク集

 

 
■ マツダ ビアンテ モデルチェンジ推移2009年6月25日

 

マツダニュースリリースより

 

-----

 

 

「マツダ ビアンテ」を一部改良

 

−主力機種「20S」の2WD車に「i-stop(アイ・ストップ)」を標準装備−


  マツダ株式会社は、中型トールタイプミニバン『マツダ ビアンテ』を一部改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて本日発売します。車両本体価格は2.0L車が2,131,500円〜、2.3L車は2,699,000円〜(いずれも消費税込)です。

 


今回の改良においては、新型『アクセラ』にも採用したマツダ独自のアイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」を主力機種「20S」(2WD車)に標準装備、これにより旧型比で燃費を約7%改善しています(10・15モード燃費:13.6km/L)。

 

また、「i-stop」は、アイドリング停止時の素早いエンジン再始動(約0.35秒)と、エンジン停止・始動時の振動を抑える設計により、ほとんど違和感やストレスを感じない、自然な操作性を実現しています。

 

 「i-stop」に加えて、「20S」(2WD車)にはエコ運転を支援するトリップコンピューター(燃費計)およびエコランプや、横滑り防止機構のDSC*1を新たに標準化することにより、環境・安全性能を充実させています。これらの装備を採用する一方で、車両本体価格については従来から据え置き*2としています。

 

また、2.0L 2WD全車は「環境対応車普及促進税制」による減税対象となり、自動車取得税および自動車重量税について「20S」が75%、「20CS」が50%軽減措置の対象となると同時に、「環境対応車普及促進対策費補助金」の対象となります。

*1: Dynamic Stability Control(ダイナミック・スタビリティー・コントロールシステム)。横滑り防止機構。
*2: 旧型モデル「20S Limited」(2WD)との比較(消費税込みで2,499,000円)。

 

 

■「ビアンテ」一部改良の概要は以下の通り([ ]内は対象機種)

- アイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」を標準装備 [20S(2WD車)]
- トリップコンピューター(燃費計)とエコランプを標準装備 [全車]
- DSC(横滑り防止機構)を標準装備 [20S(2WD車)、23S]
- シートレールに装着して使用するラゲッジフック(フレキシブルフック)を追加 [全車]
- ボディカラーにボルドー系の「ラディアントエボニーマイカ」を新採用 (全6色)
- チケットバンド付サンバイザー(運転席)を標準装備 [全車]

 

・価格(消費税込み)

2,131,500-2,699,000円

ビアンテ

 

トップページへ

 
■ 広告

 

         

 

 


 

copyright©2008-2018 マツダ ビアンテを買う! All Rights Reserved