マツダ ビアンテを買う!
ビアンテTOPモデルチェンジ推移>2008年7月8日

ビアンテ 値引き

 

ビアンテ カタログ
車名の由来
試乗レポート集
新車販売台数推移
モデルチェンジ推移
モデルチェンジ予想
最新目標値引き額
ビアンテ値引き交渉術
ビアンテ値引き交渉レポート
ビアンテのライバル車
ビアンテ中古車相場
新車値引き交渉術
ビアンテの維持費
ビアンテのパーツ紹介
下取り車の相場を調べる
ビアンテの保険料相場
リンク集

 

 
■ マツダ ビアンテ モデルチェンジ推移2008年7月8日

 

マツダニュースリリースより

 

-----

 

 

マツダ、新型ミニバン「マツダ ビアンテ」を発売

 

−快適でクラス最大の室内空間をもつ、躍動的で個性的なスタイリングの全く新しいミニバン−


  マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新開発の中型トールタイプミニバン『マツダ ビアンテ』を、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて本日から発売する。車両本体価格は消費税込みで2,199,000〜2,650,000円(2WD車)、月間販売台数は3,000台を計画している。

 

 『ビアンテ』は「見て、乗って、夢が拡がるZoom-Zoom Tall(ズームズームトール)」をコンセプトに開発され、広くて扱いやすく、クリーンな室内空間、躍動感のある個性的なスタイリング、乗員に安心感(=楽しさ)を与える優れた走行性能を特長とする国内専用の商品である。

 

 室内空間については、クラス最長の室内長および室内幅を確保し、クラス最大の広さ*1を実現している。また、シート操作により2列目シートの足元に前後長863mmの広々としたスペースを確保できる「リビングモード」にすることで、一層の広さ感・開放感を提供する。

 

さらに、クラストップレベルの開口幅をもつ両側スライドドア、低く設定された後席フロア高、多彩なシートアレンジ機構など、多人数乗車時の扱いやすさにも配慮している。

 

加えて、nanoe(ナノイー)*2イオン発生装置、アレルバスターR *3搭載フィルター、消臭天井、クリーナブルシートといった清潔で快適な室内環境を提供する装備を採用している。

 

 デザインについて、既存のミニバンとは一線を画す躍動感のある外観としている。また、流れるような造形の中に、サイドウインドウの下端を低くしながらガラス面を大きく確保し、大型の三角窓を採用するなど、室内の広さを感じさせる、また車内からの視認性も考慮したスタイリングとしている。

 

 走行性能に関しては、マツダの技術開発における長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」に基づき、「運転する楽しさ」と「安心・安全」の両立を目指した。高張力鋼板を効果的に用いた高剛性ボディを基本とし、クラストップレベルの空力特性、静粛性、安全性能を達成している。

 

エンジンは優れた環境・燃費性能と力強い走りを両立する2.0L直噴自然吸気エンジン*4を、変速機は低速域で力強い加速性能を発揮する電子制御5速オートマチック*5を採用している。

 

*1: 2000cc〜2300ccクラスミニバン(3列シート国産乗用車)として、クラス最大の室内空間容量(室内長・室内高・室内幅を基に算出)となる。2008年6月マツダ調べ。
*2: 「nanoe」は松下電工株式会社の商標。
*3: 「アレルバスターR」は松下電器産業株式会社の登録商標。
*4: 「20S」および「20CS」に採用。「23S」には2.3L DOHCエンジンを搭載。
*5: 2WD全車で採用(「23S」はマニュアルモード付)。4WD車は電子制御4速オートマチックを採用。

 

 

■「ビアンテ」の商品概要は以下の通り

 

室内空間
「広さ」、「扱いやすさ」、「クリーン」を徹底的に追求することにより、乗る人すべてをワクワクさせる、クラストップの快適性を目指した。

 

“広さ”

- クラス最長となる室内長(2,990mm)および室内幅(1,545mm)を確保すると同時に、クラストップレベルの室内高(1,350mm)を採用することにより、クラスで最も広い室内空間を実現。また、両サイドに配した大型三角窓や下端の低い大きなサイドウインドウが、一層の広さ感・開放感を創出。
- ヒップポイント高を低めに設定した前席から、後席に向かうにしたがい着座位置が高くなるレイアウトや、コンパクトな鞍型ヘッドレスト(2列目・3列目シート)の採用等により、多人数乗車時の開放感にも配慮した設計。
- 2列目および3列目シートを最後端にスライドさせ、2列目の足元スペース長を最大で863mm確保できる「リビングモード」は室内の広さ感をさらに高めるシートアレンジ。

 

“扱いやすさ”

- 両側スライドドアの開口幅はクラストップレベルの780mm(マツダ調べ)。クラストップレベルの低さとなる後席フロア高と相まって、後席からの乗降を容易にする。また、電動両側スライドドアはタッチセンサーによる挟み込み防止機構をマツダで初採用。(電動ドアは「23S」に標準装備。その他はメーカーセットオプション設定)

 

- 多彩なシートアレンジ機構を採用。

広々とした足元スペースを提供する「リビングモード」、2列目シートを左右に分割する「ウォークスルーモード」、荷物の大きさ・形状に合わせて選ぶことができる様々なラゲッジモード等、使い勝手の良いシートモードを提供。また、シート操作レバーを前後に装備するなどモード変更時の操作性も配慮。


- 一体型座面をもつチップアップ方式の3列目シートを採用。

シートを左右2分割にして両サイドに跳ね上げるタイプと比べて、シートの厚みを確保でき、快適な座り心地を提供。操作が容易なこと、より広い後方視界、より広いシート下スペースを確保できるなど、メリットの多いシート仕様。

 

“クリーン”

- 除菌、脱臭、花粉などのアレル物質抑制に効果があるnanoe(ナノイー)*2イオン発生装置を採用。運転席側のエアコン吹き出し口から放出され室内空間を清潔に保つ。また、脱臭にも効果。(4WD車に標準装備/2WD車にメーカーセットオプション設定)


- アレル物質やウィルスを補促する「アレルバスターR *3搭載フィルター」をフルオートエアコンに搭載。(4WD車に標準装備/2WD車にメーカーセットオプション設定)


- タバコの臭いやホルムアルデヒドなどの成分を吸着して分解・消臭する「消臭天井」。特別な手入れをすることなく、その効果は半永久的に持続。(4WD車に標準装備/2WD車にメーカーセットオプション設定)


- 汚れがつきにくく拭き取りやすいよう加工された「クリーナブルシート」を採用。(「23S」および「20S」に標準装備)


- 抗菌・防臭機能付シートカバーおよびシートエプロン、抗菌・防臭・防水加工のシートバックバスケット、消臭機能付フロアマットをディーラーオプションとして設定。

 

 

デザイン


「スペースモティベーター(モティベート:「その気にさせる」、「刺激する」)」をコンセプトとして、ひと目で乗りたくなる、広さや使いやすさを直感できる空間(=クルマ)をデザインした。

 

[エクステリア]

- マツダの新しいデザインテーマ“Nagare(流れ)”を表現。フロントからサイド、リアへと連続した流れを感じさせる造形の中に、躍動的であり、かつ室内空間の広さを直感させるスタイリング。


- フロントデザインについて、上部グリルの中心に大きなブランドシンボルを配置し、その左右には質感の高さを感じさせる大型メッキモールを配置。また、マツダブランドの特徴である5ポイントグリルを低い位置に大きく配置することにより、躍動感と安定感を表現。さらに、スタイリッシュな縦型のリアリフレクターをバンパーのコーナーに配し、スポーティな印象を強調。


- シャープなヘッドランプユニットから大型三角窓に続く造形が個性的なサイドビュー。上下に広くリアにスムースにつながるガラス面は室内空間の広さを直感させる。また、後方に向かって切れ上がったベルトラインが躍動感を、前・後輪上方の張りのあるラインが走りの安定感と躍動感を表現。


- リアでは、フロントからつながる流れを表現した大型のLEDリアコンビランプを幅広に配し、重心の低さと安定感を表現。また、クロームメッキとクリアパーツにより質感の高さを表現。


- ボディカラーは、柔らかな色合いの薄紫系「ライラックシルバーメタリック」、鮮やかな橙系「チリオレンジマイカ」(新色:「23S」専用)など、「ビアンテ」の個性をさらに際立たせる全7色の体系。

 

[インテリア]

- 奥行感のある幅広なメータークラスターを、ダッシュボード上面の中央からやや運転席寄りに配置。運転中のドライバーの視線移動を最小限に抑えると同時に、2列目・3列目の乗員からも視認しやすいレイアウトとすることにより、すべての乗員が楽しさを共有できる設計。


- シートおよびトリムについては、穏やかで開放感のあるライトベージュと、引き締まって重厚感のあるブラックの2種類を設定。また、軽やかな“流れ”を感じさせるモチーフをシート表面に採用。


- インパネのデコレーションパネルには、「20S」と「20CS」にブラック、「23S」のブラック内装にヘアラインパネル、ライトベージュ内装に黒木目調のデザインをそれぞれ採用。

 

走行性能
走る楽しさを提供する、“Zoom-Zoom”な走行性能を保ちながら、クラストップレベルの快適性、静粛性、安全性を実現するべく開発された。

 

- 軽量かつ剛性の高い高張力鋼板を多用しつつ、局部剛性を効果的に高めることにより、大きな開口部を持ちながらも、優れたボディ剛性を達成。良質なハンドリングおよび乗り心地を実現する。同時に、ボディの軽量化にも注力することにより、燃費の軽減にも貢献。


- 専用開発されたサスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式、リアにマルチリンク式を採用。快適な乗り心地と、多人数乗車でも安心感のある車両挙動を実現。


- 電動ポンプ式油圧パワーステアリングの採用により、正確で手応えのある自然な操舵感を提供。また、ステアリングギア比を一般の乗用車並みとすることにより、セダンなどから乗り替えても違和感の少ない軽快なハンドリングを実現。


- 大きめのブレーキローターを使った4輪ディスクブレーキを採用。ペダル操作に応じて、リニアでしっかりとした効きを感じることができ、高速走行時でも的確なブレーキ操作を実現。


- 優れた環境・燃費性能とトルクフルな走りを両立する直噴ガソリンエンジン「MZR 2.0L DISI(ディジー)エンジン」と、加速レスポンスに優れた「MZR 2.3Lエンジン」の2種類を採用。


- 電子制御5速オートマチック変速機を2WD全車に採用。ギア比のワイド化により低速域での加速性能を向上させると同時に、5速のギア比を高速化することによりクルージング時の燃費性能を向上。また、2.3L車にはマニュアルモード付の5速オートマチックを設定し、スポーティな走りを実現。(4WD車は4速ATを採用)


- Dピラーの形状を最適化する等アッパーボディの空力特性を向上させると同時に、床下の整流を行なうことにより、優れた横風安定性を実現。Cd値(抗力係数)でクラストップレベルの0.30を達成。


- 高剛性ボディを基本として、制振材や吸音材の採用、サスペンション系の振動特性の改善、タイヤ構造の最適化などによりロードノイズを低減。また、ドアミラーやAピラー形状の最適化、カウル周りの形状および配置の最適化、ドア剛性の改善などにより、クラストップレベルの風騒音性能を実現。

 

環境・安全性能
家族や仲間と楽しむクルマだからこそ、乗員に、周りの環境にやさしい様々な工夫がなされている。

 

- クラッシャブルゾーンで衝撃を吸収しつつ、トリプルH構造がキャビンの変形を抑えるマツダ独自の高剛性・安全ボディ(MAGMA)を基本とし、フルラップ正面衝突、側面衝突、時速80キロ後面オフセット衝突まで、あらゆる方向からの衝突を想定した安全設計。


- クラッシャブルブレーキペダル、SRSエアバッグシステム、頚部衝撃緩和フロントシートなど、衝突時の乗員に対する衝撃を軽減する装備を採用すると同時に、ボンネット周りにエネルギー吸収構造を採用するなど、衝突時の歩行者への傷害を軽減することにも配慮。


- 全車が「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」に認定。また、2.0Lエンジン搭載の2WD車が「平成22年度燃費基準+20%」達成し、グリーン税制による優遇制度の対象。


- リサイクル性に優れたポリプロピレン材(PP)を、前後バンパー、インパネ、トリム類等に使用。クルマ全体でのリサイクル可能率90%以上*6を達成。

 

*6: 「新型車のリサイクル可能率の定義と算出方法のガイドライン(1999年 自工会)」に基づき算出

 

・ 価格(消費税込み)

2,199,000−2,689,000円

 

ビアンテ ビアンテ 内装

 

トップページへ

 
■ 広告

 

         

 

 


 

copyright©2008-2018 マツダ ビアンテを買う! All Rights Reserved